家庭用脱毛器を使う時の注意点はある?脱毛を失敗させない裏ワザとは?

MENU

家庭用脱毛器を使う時の注意点はある?脱毛を失敗させない裏ワザとは?

家庭用脱毛器は、安全面にも配慮された性能のものが増えていますが、それでも全く注意する必要がないというわけではありません。
そこでここでは、家庭用脱毛器を使用する場合の注意点について考えてみましょう。

 

サングラスをかけよう

サングラス

まず、現在市販されている家庭用脱毛器のほとんどが「フラッシュ脱毛」と呼ばれる特殊な光を用いた仕組みの脱毛器となっています。
脱毛をする箇所に直接光を照射してケアを行うという仕組みですが、この時に照射される光はかなり明るい光のため、ケアを行う際には目を保護することを目的としてサングラスをかけるようにしましょう。
もちろんサングラスは遮光性ばかりにこだわりすぎてしまうと、かえって照射する部位が見えなくなってしまいましますので、脱毛ケアに利用することを考えて選びたいところです。

 

脱毛後は保冷剤で冷やす

氷

次に、フラッシュ脱毛で光を照射させた後の肌というのは熱を帯びた状態となっています。
そのため、肌にもかなり負担がかかった状態になっていますので、ケアを行った後はしっかりと保冷剤で冷やすことも大切です。
これはクールダウンといって、脱毛サロンのケアでもアフターケアの一環として行われているものです。
濡れたタオルをあらかじめ用意しておき、ケアが終わった後の肌に使っても良いですし、アイスノンで冷やすといった方法も良いかもしれません。

 

また、ケアを行った肌は通常の状態に比べて乾燥した状態でもあります。
肌をクールダウンで冷やしつつ、保湿についてもしっかりと行っておくと安心です。

 

脱毛ケアは一回ではない!?

泡

忘れてはならないのが、脱毛ケアは1回で効果があるものではない、という点です。
1回脱毛ケアを行った後は10日〜2週間ほどの日数を空けてから再度ケアを行うようにしましょう。
フラッシュ脱毛によるケアは意外にも肌への負担が大きいものです。
そのため、1回脱毛ケアをした後はある程度の時間を空けてからケアを行うようにすることで肌に対する負担も軽減させることができます。
美しい肌を目指すなら、こうした注意点についてもしっかりと確認しておきましょう。